四柱推命

【占い 四柱推命】四柱推命とはどんな占いなのか?【占術】

その人が生まれもった性格から、未来のことまで様々なことを導き出す占い”四柱推命”。タロット占いや手相占いなどと同じく、とても人気のある占いです。でも、「実際にどんな占いなのか分からない」「よく当たるって聞くけど本当?」という人も多いはず。

今回はそんな方に向けて、四柱推命について詳しく解説します。占いの仕組みや当たる理由を理解して、今まで以上に四柱推命での鑑定結果を活用していきましょう。

四柱推命とは?占いの仕組みを簡単に解説

数ある占いの中でも、特に当たる占いとして人気が高い四柱推命。古代中国で生まれた歴史ある占術の一つで、生年月日と生まれた時間を元に占います。

1.生まれた年…年柱
2.生まれた月…月柱
3.生まれた日…日柱
4.生まれた時間…時柱

上記のように生まれた日や時間を4つの柱に見立てて占うため、”四柱”推命とよばれるんですね。中国に伝わる『生まれた日にちと時間が人の性格や運気に大きく関わっている』という考えから導き出された占いです。

ちなみに数年前にブームとなった動物占いは、この四柱推命が元となっているのを知っていますか?四柱推命で正確に占おうとすると知識と手間がかなり掛かるため、ごく簡略化して基本的な性格や運気だけを占うようにしたのが動物占いになります。

四柱推命の仕組み

四柱推命で人の性格や未来を占うには、『命式』という表を使います。命式とは年柱・月柱・日柱・時柱に、それぞれ2つの漢字を置き換えて組み立てたもの。

置き換える漢字は、十干・十二支を使った『干支歴』を用いて当てはめていきます。十干(じゅっかん)とは契約書等に出てくる甲乙丙…、十二支はみなさんご存じの干支のことです。

〇十干
甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)

〇十二支
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥

そして日柱の十干と十二支の組み合わせで『十二運星』、日柱の十干と他柱の十干の組み合わせで『通変星(つうへんせい)』といわれるものが決まります。

たとえば2000年1月1日1:00に生まれた人の命式がこちら↓

時柱  日柱  月柱  年柱
癸  戊  丙  己  十干
丑  午  子  卯  十二支
養  帝旺  胎  沐浴  十二運星
劫敗(劫財)  印綬  正財  正官  通変星

上記が四柱推命の鑑定に必要な基本要素で、当てはまっている漢字から様々なことが読み取り可能。具体的にどんなことが占えるのか、詳しくは後述します。

要素には他にも『通変星』『蔵干』『空亡』など様々なものがあり、実は命式を全て正確に組み立てるのはプロでも大変なんですよね。そのため自分の命式を出す時は、四柱推命のサイトや電話占いなどを利用するのがおすすめです。

【補足】生まれた時間が分からない場合

四柱推命は生年月日と生まれた時間を元に占うものですが、中には生まれた時間が全く分からない人もいると思います。ここで疑問なのが、生まれた時間が分からなくても占えるのかどうか。

答えは、出生時間がなくても占うことはできるけど精度は一気に落ちます。試しに四柱推命の鑑定ができるサイトで出生時間を少しずらして入力すると、微妙に違う結果になるんですよね。

できるだけ正確な鑑定をしたいなら、親御さんに聞くか母子手帳などで出生時間を確認しましょう。どうしても分からないという場合は、全ての時刻の結果を見比べてみるのもアリです。

四柱推命で占えること

占いをする上で一番気になるのは、やはり何を占えるかということですよね。四柱推命は要素が多いため、幅広い事柄を占うことができます。

1.生まれ持った性格や体質

自分の性格って、実は分かっているようで分かっていないもの。穏やかで誰とでも上手くやれる人なのか、それとも負けず嫌いで向上心が高い人なのか。リーダーシップをとれる人なのか、はたまた裏方で輝くタイプなのか…。

四柱推命は、そんな自分では気づきにくい生まれ持った性格を教えてくれます。自分がどんな人間なのか知ることは、この先の人間関係や仕事の選択にも役立ちますよね。

また人の性格は置かれた環境によっても変わりますが、その変化を予測できることも四柱推命の魅力。同様に身体がタフなのか、それとも虚弱なのかといった自身の体質についても教えてくれます。

2.適性や才能

どれだけ好きなことであっても結果が出ないこともあれば、なぜか簡単にできちゃうこともあるはず。これは適性や才能といわれるもので、四柱推命を使えば自分に向いているものが分かります。

好きなことを追いかけるのも素敵ですが、生きていくには仕事をして成果を出すことも大事。もし夢が叶わず挫折しかけている時は、ぜひ四柱推命で自分は何をするべきか調べてみましょう。「自分にはこんな仕事が向いているんだ!」と新たな道に進むきっかけとなるはずです。

3.これからの運勢

人生には、なぜかツイている時とツイていない時ってありますよね。

四柱推命は、そういう運のいい時期と悪い時期も分かるんです。しかも運気を上げてくれるラッキーアイテム・カラー・人・方角なども分かるため、ツイていない時期を乗り越えやすくなりますよ。

これからの運勢が事前に分かっていれば、運気が悪かったとしても心構えができるし、できるかぎり対策を取ることも可能に。四柱推命に限らずですが、鑑定結果を元に運命を切り開いていけるのは占いの醍醐味です。

4.相性

好きだけど上手く分かり合えなかったり、意見の食い違いで衝突することが多かったり…。誰しも「なぜかアノ人とは合わないんだよなぁ」という人がいると思います。人と人との間には生まれ持った相性があり、合わないと感じる相手はその相性が良くないんですね。

四柱推命を使えば、相性がいい人やウマが合わない人を見分けることが可能になります。恋人・結婚・友達・親子・会社など様々な相性が分かり、円滑な人間関係を作るのに役立ちますよ。

また自分のことだけじゃなく、特定の相手の恋愛傾向や好みが分かることも魅力。片思い中の人は、ぜひ活用したいですね。

5.金運

仕事運や恋愛運と並び、占いの項目として人気なのが金運。四柱推命でも、もちろん金運を占うことができます。ただし、ここでいう金運とは宝くじやギャンブルといった投機的なものではありません。

四柱推命で分かるのは、持って生まれた金運の強さや、お金との上手な付き合い方など。先ほど適性や才能も分かるとお伝えしましたが、自分に向いている仕事を知ることが収入アップ(金運アップ)に繋がることも多いです。

四柱推命はなぜ当たる?的中率が高い理由

他の占いと比べて、的中率が高いといわれる四柱推命。どうして四柱推命は当たりやすいのか、他の占いと違う点を詳しくまとめました。

理由1.統計学に近い占いだから

冒頭でも書いたように、四柱推命は古代中国で生まれた歴史ある占術。元となる考えが出来上がったのは何と3000年以上も昔といわれており、そこから何代にも渡ってデータや検証を積み重ねてきました。

そして積み重ねた莫大な情報を元に法則や傾向を読み取り、発展していったものが四柱推命。ただの偶然やオカルトで結果を導き出しているのではなく、統計学に近い占いだからこそ高い的中率を誇るんです。

理由2.鑑定結果が何万通りもあるから

よく情報番組などである占いは、星座や血液型で占うものが多いですよね。でも「色んな人間がいるのに12通りとか4通り分類しただけで本当に運勢が分かるの?」と思った経験はないですか?

四柱推命は4つの柱に2つの漢字を組み合わせて占うため、その鑑定結果は何万通り以上。他の占いと比べ、とにかく細かく分類して占うため、より精度の高い結果を導き出せるんです。

理由3.占い師によって結果が変わらないから

生年月日と出生時間を元にしている四柱推命は、占う人によって結果が変わらないのが特徴。たとえばタロットなどは占い師の直感や霊感によって左右されますが、四柱推命はそれがありません。

ただし、占い師の知識・理解力・経験量の差で微妙に結果が変わることも。知識が多いほど色んな法則を知っていますし、理解力が高いほど法則をより深く読み取ることができます。

命式の出し方や基本的な考え方はどこも同じですが、解釈の仕方は占い師によって微妙な違いがあるんですね。もし「四柱推命で占ってもらったけど全然当たらなかった!」という場合は、知識や経験不足の占い師に当たってしまったのかもしれません。

四柱推命で占ってもらうには?

四柱推命の仕組みや当たる理由などをご紹介してきましたが、「自分も占ってもらいたい!」と思われた人も多いんじゃないでしょうか?四柱推命の鑑定には多くの知識や経験が必要なため、以下のような方法を利用するのがおすすめです。

1.対面
2.ネット
3.電話占い

この中で特におすすめなのは、電話占い。自宅にいながら手軽に利用できますし、占い師と直接話しながら鑑定をしてもらえるので、より具体的なアドバイスをもらえます。ぜひ気軽に利用してみてくださいね。

四柱推命をヒントに、自分で運命を切り開こう

長い歴史と莫大なデータを元に生み出された四柱推命は、数ある占いの中でも的中率が高い占術。生まれ持った性格から才能、気になる人との相性に至るまで、様々なことを教えてくれます。

でも当たり前ですが、百発百中の占いなんていうのは存在しません。よく当たると評判の四柱推命であっても、外れてしまうことがあります。

あくまで占いは何か迷ったり悩んだりした時にサポートしてくれるもので、”最終的に運命を切り開くのは自分自身”ということを心に留めておきましょう。四柱推命を上手に活用し、より良い未来を引き寄せられるよう頑張ってくださいね!