タロットカード

【タロットカード意味】タロットカード小アルカナ カップ(聖杯)6の意味や本質をまとめてみました!【恋愛タロット】

占いの中でも大人気なタロットカード。そんなタロットカードの意味を知りたい人も多いはずです。

このページでは78枚あるタロットカードのそれぞれの意味や本質についてまとめてみました。

今回ピックアップするのはタロットカード小アルカナ カップ(聖杯)6

カードを引いた時の正位置での読み方、逆位置での読み方なども記載してます。じっくり読み進めてください。

タロットカード カップ(聖杯)6とは

赤ずきんをかぶった少女らしき人が街に可愛らしいお花を飾っています。

そこへ一人の女の子がやってきて少女に話しかけています。

お花が欲しいのか?おままごとをしているのか微笑ましい様子が描かれています。

どんな会話をしているのでしょうか。

このカードのキーワードは下記のようになります。

慈悲 アットホーム 無償の愛 未練 過去にこだわる 無責任

タロットカード カップ(聖杯)6 の絵や色などから読み取れる意味

故郷を思い出させるような赤い屋根のお家がありそこの庭では2人の少女がお花屋さんごっこをして遊んでいる様子が描かれています。

古い町並みから過去を表し、平穏で暖かい気持ちになりますね。

白いユリや子供が描かれている様子からは純粋で無邪気さを表し、目の前のことを素直に喜び楽しんでいる姿が描かれています。

また、6という数字からは『愛情』や『美』や『分かち合う』という意味合いがあることから、

あの頃は良かったな・・・。と過去への思い出に浸ってみたり、過去の思い出を美化してみたりという感情になっていることが想像できます。

そして、背景には兵士が立っていて外観はコンクリートでできた現代的な建物が立っています。

このカードは、現在に直面していることよりも過去の記憶や思い出の感情に支配されていることがわかります。

質問者の内容で柔軟にリーディングできるカードですね。

タロットカード カップ(聖杯)6 正位置でのカードの持つ意味

過去の思い出 純粋な気持ち 慈悲 アットホーム 無償の愛

タロットカード カップ(聖杯)6 逆位置位置でのカードの持つ意味

未練 過去にこだわる トラウマ 計算高い 無責任

カップ(聖杯)6 各パターンでの読み方

占いに来る方々の悩みはいろいろあります。ここでは、恋愛、仕事、金運、対人関係に特化してポイントをお伝えします。出たカードの正位置・逆位置によってもちろん意味が異なってきますので、ぜひご参考にしてください。

恋愛正位置

尽くす恋

安らぐ

純粋な気持ち

家族のような愛情

無邪気な人

恋愛逆位置

トラウマが蘇る

幼稚な人

未練が残る

計算高い

過去の恋愛と比較する

仕事正位置

アットホームな職場

居心地の良い仲間

過去の経験が活かせる

初心に返る

昔からやりたかった事

仕事逆位置

過去の成功体験が足かせになる

古いやり方にこだわる

同じミスを繰り返す

自立できない

見返りを求める

金運正位置

へそくり

寄付する

プレゼントを買う

欲しかった物が手に入る

貯金が役に立つ

金運逆位置

低迷

依存性の高い事に浪費

金銭管理が甘い

バブル期のようにお金消費

借金返済の糸口が見つかる

対人関係正位置

幼馴染

懐かしい再会

居心地の良い相手

同窓会

古くからの付き合い

対人関係逆位置

昔の自慢話ばかりする

共依存の関係

反抗的な態度

わだかまりが溶ける

腐れ縁

タロットカードは質問内容や、スプレッドのカードの位置によって読み方は変わってきますが、カードの持つ意味や本質は変わりません。

例えば…こんな状況で カップ(聖杯)6 が出た場合

例えば、相談者さんからの質問内容が、以下の内容だとしましょう!

質問内容

結婚生活20年が経ち、主人が家のことを何も関心がありません。

家庭内別居状態でしばらく口も聞いてくれません。

熟年離婚の可能性はありますか?

ご質問に対して、 カップ(聖杯)6 逆位置が出ました!

アンスールちゃん
アンスールちゃん

結婚生活が長ければいろんな苦楽も乗り越え不満も溜まって行くでしょう。

昔は優しくてあなたのために何でもしてくれたご主人様でも結婚して、家庭をもったことで愛情の形が変化していったのでしょう。

過去の思い出を美化し、よかった思い出ばかり集めていてもよくなさそうです。

歳をとれば、みなシワが増え加齢臭だって出てくるのです。

子育てが落ち着いてあなたにもゆとりが生まれてきたのかもしれませんね。

健康で仕事して無事に帰ってくる。当たり前のようですが当たり前ではないように、今の現状を新しい視点みて考え方を柔軟に捉えること関わり方も変わってくるかもしれませんね。

上記なようなリーディングのような仕方もあります。占い師さんによっていろいろなリーディングがあると思います。

いろいろな方に占って頂き、そこで自分なりの答えを導くことでより良い方向にいくかも知れませんね!

あなたにとっての占い師探しはココから
↓↓↓↓↓↓