タロットカード

【タロットカード意味】タロットカード小アルカナ ワンド(棒)10の意味や本質をまとめてみました!【恋愛タロット】

占いの中でも大人気なタロットカード。そんなタロットカードの意味を知りたい人も多いはずです。

このページでは78枚あるタロットカードのそれぞれの意味や本質についてまとめてみました。

今回ピックアップするのはタロットカード小アルカナ 棒(ワンド)10

カードを引いた時の正位置での読み方、逆位置での読み方なども記載してます。じっくり読み進めてください。

タロットカード ワンド(棒)10とは

重たい木の棒をを運んでいる男性の絵が描かれています。

見るからに大変さが伝わってきます。

彼は自分の意思で木を運んでいるのか?

誰かに指示され運ばされているのか?

果たしてこの棒はなんのために運んでいるのか?

いろんな疑問が湧き上がってきますね。

一体このカードはどんな意味があるのでしょうか?

このカードのキーワードは下記のようになります。

重圧 責任 無責任 我慢の限界

タロットカード ワンド(棒)10の絵や色などから読み取れる意味

自分の背丈よりはるかに長い棒を10本も抱え運んでいる男性がいます。

体を前傾姿勢にして運ぶ姿からはかなりの重さがあることがわかります。

たくさん積み重ねてきた経験や忍耐それに伴う精神的な疲れと肉体的疲労で限界な状況に立っています。

まるで小さなアリが大きな餌を自分の巣に持ち帰っているように、自分の力以上のことを成し遂げようとしています。

困難な時は、今自分がやらなくてはいけないことを最優先して選択しなければなりません。

それは休養することなのか?それとも重い荷物を手放すことなのか?

または、誰かに助けをお願いして協力してもらうことなのか?

一度自分を見つめ直す時期であるということを教えてくれています。

数字の10 からは『完成』や『ひと区切り』 などの意味もあります。

カードの背景からは目的の街がもう目の前に見えゴールはもうすぐそこにあるという意味を表しています。

ゴールまであと一歩というところで今超えなくてはならない課題があるというメッセージがそこにはあるということをこのカードは教えてくれています。

タロットカード ワンド(棒)10 正位置でのカードの持つ意味

重圧 責任 重労働

タロットカード ワンド(棒)10 逆位置位置でのカードの持つ意味

無責任 我慢の限界 手放す トラウマ

ワンド(棒)10 各パターンでの読み方

占いに来る方々の悩みはいろいろあります。ここでは、恋愛、仕事、金運、対人関係に特化してポイントをお伝えします。出たカードの正位置・逆位置によってもちろん意味が異なってきますので、ぜひご参考にしてください。

恋愛正位置

大きな悩みを抱える

身丈に合わない相手

重たいと感じる人

疲れる恋

相手の期待に全て応えようとする

恋愛逆位置

辛い恋から逃げる

我慢の限界

もうこれ以上は無理と諦める

別れる

過去を引きずる

仕事正位置

重労働を強いられる

オーバーワーク

力仕事

責任がのしかかる

強いプレッシャーを感じる

仕事逆位置

我慢の限界

仕事を投げ出す

責任放棄

ストライキ

疲労が蓄積

金運正位置

ローンを抱える

莫大な借金をする

金銭管理ができない

返済額が増す

資産相続などの対応を迫られる

金運逆位置

散財

財産放棄

自己破産

金銭トラブルに見舞われる

貸したお金は返ってこない

対人関係正位置

不満が募る

言いたいことを溜め込む

緊張して疲れる

対人関係逆位置

責任逃れ

自暴自棄

関わって欲しくない

タロットカードは質問内容や、スプレッドのカードの位置によって読み方は変わってきますが、カードの持つ意味や本質は変わりません。

例えば…こんな状況で ワンド(棒)10が出た場合

例えば、相談者さんからの質問内容が、以下の内容だとしましょう!

質問内容

ずっと元彼のことが忘れられません。

別れてから3年経ちますが、彼は私のことをどう思ってますか?

ご質問に対して、 ワンド(棒)10 逆位置が出ました!

アンスールちゃん
アンスールちゃん

彼はあなたと交際していた頃のたくさんの思い出があるようですね。

ただ、どちらかの思いが強すぎて恋愛に疲れてしまったのかもしれません。

少し後ろめたい気持ちもあるようですね。

上記なようなリーディングのような仕方もあります。占い師さんによっていろいろなリーディングがあると思います。

いろいろな方に占って頂き、そこで自分なりの答えを導くことでより良い方向にいくかも知れませんね!

あなたにとっての占い師探しはココから
↓↓↓↓↓↓