タロットカード

【タロットカード意味】タロットカード小アルカナ ワンド(棒)ナイトの意味や本質をまとめてみました!【恋愛タロット】

占いの中でも大人気なタロットカード。そんなタロットカードの意味を知りたい人も多いはずです。

このページでは78枚あるタロットカードのそれぞれの意味や本質についてまとめてみました。

今回ピックアップするのはタロットカード小アルカナ 棒(ワンド)ナイト

カードを引いた時の正位置での読み方、逆位置での読み方なども記載してます。じっくり読み進めてください。

タロットカード ワンド(棒)ナイトとは

鎧をまとった戦士がいます。

勢いよく駆け出す馬は闘争心が溢れています。

高ぶる感情をむき出しにして目的へ一直線に進んでいますね!

見るからにエネルギーが強いことが伝わってきます。

このカードのキーワードは下記のようになります。

勢いを増す 出発 短気 暴走

タロットカード ワンド(棒)ナイト の絵や色などから読み取れる意味

鎧をまとった青年(ナイト)は自分の目的に一直線に進もうとしています。

自信満々な彼は自分の判断は正しいと疑う余地もなくひたすらまっすぐに進み続けるのです。

ワンドは火のエネルギーでナイトは風のエネルギーを持ち合わせています。

二つの(火)×(風)のエネルギーを掛け合わせることで炎に変化しより自分の良さが強調されるということなのです。

また、ナイトが持っている棒の長さは他のワンドのカードに描かれている木の棒よりも短いことから、熱い情熱は長くは続かず、短期的、または気が短いとも読み取ることができます。

まさに今熱い情熱を思いっきり外へ向け飛び出しているのです。

もう周りになんと言われようと彼を止めることはできません。

思い切って新しいことを初めたり、やりたいことがあって迷っているなら、すぐに行動した方が良い結果につながると言うメッセージをくれています。

タロットカード ワンド(棒)ナイト 正位置でのカードの持つ意味

湧き上がる情熱 勢いを増す 出発

タロットカード ワンド(棒)ナイト 逆位置位置でのカードの持つ意味

短気 暴走 頑固 消極的

ワンド(棒)ナイト 各パターンでの読み方

占いに来る方々の悩みはいろいろあります。ここでは、恋愛、仕事、金運、対人関係に特化してポイントをお伝えします。出たカードの正位置・逆位置によってもちろん意味が異なってきますので、ぜひご参考にしてください。

恋愛正位置

猛アプローチ

一途

好きな気持ちが強くなる

恋に積極的

告白

恋愛逆位置

思い込みが激しい

一気に冷める

一方的に気持ちをぶつける

ケンカする

一喜一憂する

仕事正位置

やる気満々

新たにスタートを切る

目標が定まる

事業が加速する

リーダーシップを持つ

仕事逆位置

手当たり次第にアポを取る

焦る

やりがいをなくす

思うように進まない

無駄な悪あがき

金運正位置

一攫千金

急に稼げるようになる

衝動買いに吉

新たな収入源を獲得する

投資を始める

金運逆位置

無計画に買い物する

収入の波が激しい

無駄遣い

貯金できない

対人関係正位置

熱い人

衝撃的な出会い

すぐに意気投合する

テンション高い

まっすぐな人

対人関係逆位置

嵐のように現れ嵐のように去る

自己中心的

聞く耳を持たない

突拍子もないことを言う

トラブルメーカー

タロットカードは質問内容や、スプレッドのカードの位置によって読み方は変わってきますが、カードの持つ意味や本質は変わりません。

例えば…こんな状況で ワンド(棒)ナイトが出た場合

例えば、相談者さんからの質問内容が、以下の内容だとしましょう!

質問内容

9歳上で年の差があります。

休みの日のデートでも私の行きたいところや都合には合わせてくれますが、

最近好きと言ってくれません。

気持ちが冷めてしまったのでしょうか?

ご質問に対して、 ワンド(棒)ナイト 正位置が出ました!

アンスールちゃん
アンスールちゃん

交際してどのくらいの期間がたつのでしょうか?

彼は、気持ちが冷めてしまったと言うよりも、

恋の形から愛の形に愛情が変化して行ったのでしょう。

好きな気持ちはさらに強くなっているようですよ!

普段は言葉では伝えてくれないと思いますが、とても大事に思っています。

一つ一つの行動を見ていればあなたのことをとても大切にしてくれていることが伝わってくるでしょう。

上記なようなリーディングのような仕方もあります。占い師さんによっていろいろなリーディングがあると思います。

いろいろな方に占って頂き、そこで自分なりの答えを導くことでより良い方向にいくかも知れませんね!

あなたにとっての占い師探しはココから
↓↓↓↓↓↓