タロットカード

【タロットカード意味】タロットカード番号18番 月(THE MOON)の意味や本質をまとめてみました!

占いの中でも大人気なタロットカード。そんなタロットカードの意味を知りたい人も多いはずです。

このページでは78枚あるタロットカードのそれぞれの意味や本質についてまとめてみました。

今回ピックアップするのはタロットカード番号18番 月(THE MOON)

カードを引いた時の正位置での読み方、逆位置での読み方なども記載してます。じっくり読み進めてください。

タロットカード18番 月(THE MOON)とは

静かな夜空にお月様がでてますね。

なんだか悲しそうなしんみりした浮かない顔ですね??

心配そうに動物たちが見守ってます。

このカードのキーワードは下記のようになります。

進展しない 先が見えない 隠し事はバレる 道が開ける

タロットカード番号18番 月(THE MOON)の絵や色などから読み取れる意味

真夜中の夜空に月が照らされています。

満月のような三日月のようなみる人の価値観で見え方や捉え方が変わるカードですね。

その月の中には顔が描かれうつむき加減でどこか悲しそうです。

この謎めいた月からは、『曖昧』『不安』『迷い』などのメッセージ性があります。

夜行性の狼や犬は夜になると顔を出すことから動物の本能や本性を表しています。

この動物たちは月の明かりだけを頼りに細く長く続く道を進んでいかなくてはならないことから、先の見えない未来に不安や迷いを感じているのでしょう。

しかし、夜は明けなくては不安は解消されないので、この不安からは逃れることはできないのです。

この対処のしようのない感情と向き合いながら進んでいくのかそれとも今は動かずその場にたたずむのか、その答えは動物が持っている直感や本能で感じ取ることが重要となってきます。

このカードは精神的な面での変化を映し出すカードでとても神秘的なカードとなっています。

月(THE MOON)正位置でのカードの持つ意味

進展しない 不安 先が見えない 秘密 迷い

月(THE MOON)逆位置位置でのカードの持つ意味

安心 隠し事はバレる 道が開ける 悩みが解消へと向かう

月(THE MOON) 各パターンでの読み方

占いに来る方々の悩みはいろいろあります。ここでは、恋愛、仕事、金運、対人関係に特化してポイントをお伝えします。

出たカードの正位置・逆位置によってもちろん意味が異なってきますので、ぜひご参考にしてください。

恋愛正位置

不倫関係

曖昧な関係

先の見えない恋

本性を表す

相手を疑う

恋愛逆位置

不安が解消する

隠し事がバレる

少しづつ誤解が晴れる

穏やかな時間を過ごせる

安心できる

仕事正位置

不安が付いて回る

現実逃避

直感が冴える

精神的に疲れる

秘書、秘密事業

仕事逆位置

悩みが晴れる

障害がなくなる

効率よく仕事ができる

金運正位置

買い物に慎重になりすぎる

貯金額など将来に不安

迷った挙句無駄遣い

不安で買いすぎてしまう

金運逆位置

穏やかに上昇

気持ちのよい買い物

過払いなど払い戻し

欲しかったものが買える

収入が穏やかに上がる

対人関係正位置

信用できない

不信感の塊

裏表のある人

悩みが絶えない

対人関係逆位置

気持ちがスッキリする

本音でわかちあえる

知らない一面を知る

猫かぶってるのがバレる

タロットカードは質問内容や、スプレッドのカードの位置によって読み方は変わってきますが、カードの持つ意味や本質は変わりません。

例えば…こんな状況で月(THE MOON)が出た場合

例えば、相談者さんからの質問内容が、以下の内容だとしましょう!

質問内容

今の職場の空気が良くなくて居心地が悪いので転職を考えています。

転職のタイミングを教えてください。

ご質問に対して、月(THE MOON)逆位置が出ました!

アンスールちゃん
アンスールちゃん

今の職場は人間関係が良くないのか労働条件が良くないのかわかりませんが、

今すぐに転職はしない方が良いかもしれません。

そう遠くはない未来に職場に新しい風が吹き

環境は次第に良くなっていくでしょう。

今は悩み事がつきないかもしれませんが、その場をうまく乗り越えるのもひとつの手段です。

プライベートでオンオフをしっかり作り、お休みの日は仕事のことを考えないなど気持ちをうまく切り替えると良いでしょう。

上記なようなリーディングのような仕方もあります。占い師さんによっていろいろなリーディングがあると思います。

いろいろな方に占って頂き、そこで自分なりの答えを導くことでより良い方向にいくかも知れませんね!

あなたにとっての占い師探しはココから
↓↓↓↓↓↓